交通事故 弁護士 交通事故の示談金・慰謝料交渉・法律相談は小西法律事務所

交通事故 弁護士 小西法律事務所

コンテンツメニュー

訴訟による解決

訴訟提起の準備

加害者側の自動車保険の確認

交通事故の訴訟では、自動車保険が重要となります。加害者の示談代行として保険会社が紛争に深く関与していますし、被害者から保険会社に対して保険金の支払い請求ができることが多いので、訴訟において保険会社を被告とすることもあるからです。

資料の収集

ア 損害の資料
訴訟では被害者にどのような損害が生じているかを証明しなければなりません。そのために証拠となる資料を事前に収集する必要があります。ケースによっては存在しないまたは訴訟では不要となる場合もありますが、代表的な資料は以下のとおりです。なお、保険会社などに提出済みで原本がない場合には写しでも足りる場合がほとんどです。訴訟になって原本が必要となった場合には関係先に要請して作成してもらうことが必要となります。
医師の診断書、医療機関の診療報酬明細書、治療費の領収書、診療録・看護記録、医師の意見書、後遺障害等級認定票、収入関係の証明(休業証明書・源泉聴衆票・給与証明書・確定申告写し・会社経営者の会社決算書)、交通費の領収書、付添い人の領収書、家屋改造費などの領収書、新車買換費用の領収書
イ 事故状況の資料
訴訟では、事故の状況を明らかにして、加害者・被害者の過失がどれくらいあったかということを認定してもらう必要があり、そのために事故状況に関する事実を立証するための証拠が必要となります。代表的な資料は以下のとおりですが、このほかに目撃者などの証人も事前に確認しておくことが必要となる場合があります。
交通事故証明書、加害者の刑事記録(実況見分調書・写真撮影報告書・アルコール鑑定書など)、事故現場の写真
ウ その他
被害者が亡くなっている場合には、原告として訴訟を提起する人が被害者の相続人などの損害賠償請求権を有することを証明しなければなりません。そのためには戸籍謄本などの資料が必要となります。
エ 収集の手段
証拠となる資料が訴訟の前に使用できなくなるおそれのある場合には、訴訟の前に裁判所に対して証拠保全の申立てができます(民事訴訟法234条、235条)。これは裁判所が訴え提起の前あるいは後において、必要な証拠について証拠調べという手続を先に行うものです。重要な目撃証人が証言不能となってしまうおそれがある場合などに証人尋問が行われたり、廃棄されそうな資料を裁判所が保全するなどの手続がされます。
また、訴え提起前の証拠収集処分(民事訴訟法132条の2)という制度もあります。これは訴え提起しようとする者が被告となるべき者に対して書面で提訴予告通知をした場合に通知してから4ヶ月以内であればお互いに証拠となる資料の照会ができ、さらに裁判所が当事者に代わって当事者が自ら収集することが困難な証拠の収集ができるというものです。
D訴訟上の和解
交通事故の損害賠償請求訴訟事件では、判決が下される前に、裁判所から和解案を提案されることが多く、訴訟上の和解の試みがなされることが多くなっています。

後遺障害等級認定

被害者に後遺症がある場合には、自賠責保険の後遺障害等級認定を確認しておく必要があります。後遺症があると、労働能力が低下するので将来に得られるはずだった収入が減少しますし、精神的苦痛も生じますからその損害に対する損害賠償(逸失利益・慰謝料)が認められますが、自賠責保険における後遺障害等級の認定が何級であるかどうかが賠償額についての裁判所の判断に大きな影響を及ぼすからです。

したがって、訴訟の提起の前提として、自賠責保険との一括払いをする任意保険会社による事前認定手続、又は被害者請求(自動車損害賠償保障法16条1項)によって後遺障害等級の認定を受けておくことが必要となります。後遺症に関する損害について必ずしも等級が裁判所の判断において不可欠というわけではありません。しかし、多くの裁判例では等級が基礎とされているとされていますので、被害者としてはできるだけ有利な等級認定を得るために保険会社との事前の折衝をすることが必要となってきます。

保全手続

訴訟による解決では、実際に被害者が賠償金を手にするためには強制執行も必要となるので時間がかかります。その間の生活費・治療費を確保するためには、訴訟に先立って自賠責保険の仮渡金制度や、裁判所の仮払仮処分の手続を利用できることもあります。

無料法律相談お申込み

CONTACT

小西法律事務所

KONISHI LAW OFFICE

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-13-18【MAP】 島根ビル4F (1F:ミスタードーナツ)
地下鉄 堺筋線・谷町線南森町駅2番出口を出て阪神高速高架をくぐり徒歩5分
京阪本線北浜駅26番出口京阪中之島線なにわ橋駅3番出口を出て、難波橋を渡り徒歩6分
JR東西線大阪天満宮駅3号出口を出て、阪神高速高架をくぐり徒歩 6分