交通事故 弁護士 交通事故の示談金・慰謝料交渉・法律相談は小西法律事務所

交通事故 弁護士 小西法律事務所

コンテンツメニュー

交通事故と保険

任意保険

任意保険でてん補される損害の種類

任意保険には、対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害保険、車両保険、人身傷害補償保険があります。

ア 対人賠償保険
被保険自動車(保険証券聞記載の自動車)の所有、使用または管理に起因して、他人の生命または身体を害し、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担することによって被る損害のてん補を目的とする保険です。
この保険の被保険者になりうる者の範囲は、記名被保険者(保険証券記載の被保険者)に限られず、記名被保険者と密接な関連のある者、たとえば記名被保険者の配偶者(内縁を含む)、記名被保険者またはその配偶者の同居の親族、同別居の未婚の子、記名被保険者の承諾を得て被保険自動車を使用または管理中の者(許諾被保険者)などにも拡大されています。
てん補されるのは、損害の額が、自賠責保険や自賠責共済によって支払われる金額を超える場合の、その超過額です。
支払いの対象となる損害賠償責任の内容は、治療費、休業損害、逸失利益、慰謝料などです。
対人賠償保険の保険金額は、被害者1名当たりの支払限度額を意味します。したがって、一回の事故で複数の被害者が発生した場合には、それぞれの被害者につき保険金額を限度として保険金が支払われ、その総額には限度がありません。
イ 対物賠償保険
自動車の所有、使用または管理によって、他人の財物を損傷させ、被保険者が法律上の損害賠償責任を負担した場合に、これによって被る損害をてん補する保険です。
てん補されるのは、被保険者が負担した法律上の損害賠償責任の額で、被害財物の交換価格相当額や修理費等のみでなく、休車損害、代車費用、店舗を破損した場合の営業損失等の間接的な損害も含まれます。
被保険者の範囲は、対人賠償保険と同じです。
ウ 自損事故保険
被保険自動車の運行に起因する急激かつ偶然な外来の事故、および被保険自動車の運行中の急激かつ偶然の事故のうち、飛来中もしくは落下中の他物との衝突、火災、爆発または被保険自動車の落下により、被保険者(自動車の保有者、運転者およびこの自動車に搭乗中の者)が身体に傷害(ガス中毒をふくむ)を被り、かつそれによって被保険者に生じた損害について自賠法3条にもとづく損害賠償請求権が発生しない場合に、保険金の支払いをする保険です。
この保険事故の直接の結果として、被保険者が死亡し、後遺障害が生じ、または介護や医療を必要とする状態となったときに、保険会社の支払責任が発生します。
この保険の目的は、自賠責保険、自賠責共済、政府の保障事業のいずれによっても損害のてん補を受けられない者に対して、自賠責保険等に準ずる補償を与えることにあります。
具体例として、被保険自動車を運転中の者が運転を誤って、電柱に衝突して負傷したりしたような場合に適用されるのです。
被保険者は、被保険自動車の保有者、運転者、およびそれ以外の者で被保険自動車の正規の乗車装置または当該装置のある室内に搭乗中の者(ただし、極めて異常かつ危険な方法で搭乗中の者を除きます)です。
※「搭乗中」とは、座席などに乗るために、手足または腰などをドア・床・ステップまたは座席に掛けたときから、降車のために手足または腰などを、ドア・床・ステップ・座席などから離し、車外に両足をつけるときまでの聞をいうとされています。
※なお、「極めて異常かつ危険な方法で搭乗中の者」の例としては、箱乗り(自動車の窓枠に腰を乗せ、半身を車外に乗り出す姿勢)等が考えられます。
エ 無保険車傷害保険
被保険者が、無保険自動車の所有、使用または管理に起因する事故で死亡したり後遺障害を負った場合に、被保険者またはその父母、配偶者もしくは子の被った損害をてん補することを目的とする保険です。
もっとも、判例はこの保険の担保する損害の範囲は、後遺障害に起因する損害に限られず、人身損害全部に及ぶとしています。
この保険が支払われるのは、上記の損害について、法律上の損害賠償責任を負担する者(賠償義務者)がある場合に限られます。
また、無保険自動車とは、単に保険が付いていないというだけではなく、被保険者を死傷させた相手方自動車で、対人賠償保険等をつけていない場合、対人賠償保険等はついているが、賠償義務者の故意、運転年齢条件違反などのため、その事故について保険金が支払われない場合、対人賠償保険はついているが、その保険金額が被保険自動車の無保険車傷害保険の保険金額より低い場合、および当て逃げ等で相手方自動車が不明の場合などをいいます。
オ 搭乗者傷害保険
被保険自動車に搭乗中の者が、自動車の運行に起因する事故、または自動車の運行中の、飛来中もしくは落下中の他物との衝突、火災、爆発または自動車の落下により死傷した場合に、定額の保険金(死亡保険金、後遺障害保険金、医療保険金)を支払う保険です。
被保険者は、被保険自動車の正規の乗車装置または当該装置のある室内に搭乗中の者に限られます。
カ 車両保険
被保険自動車が衝突、接触、墜落、火災、盗難、台風、こう水、高潮などの偶然の事故によって損害を受けた場合に、保険金を支払う保険です。しかし、自然の消耗、故障、性能の低下など偶然性のないものについては支払われません。
被保険者は、被保険自動車の所有者であり車検証の所有者欄に記載された者です。
キ 人身傷害補償保険
この保険は、自動車の運行等に起因する急激かつ外来の事故によって保険証券記載の被保険者、その父母、配偶者、子等が被る人身損害をてん補する保険です。この保険の特色は、相手方と交渉しないで自分の契約している保険会社に支払いを請求できること(この保険金の支払いをした保険会社は相手方に賠償責任がある場合は相手方に求償します)、実損払いや定額払いではなく約款に定める算定方式に従った実額てん補であること、過失相殺分の控除をしないこと、自損事故でも支払いを受けられること、などが特色とされています。

無料法律相談お申込み

CONTACT

小西法律事務所

KONISHI LAW OFFICE

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-13-18【MAP】 島根ビル4F (1F:ミスタードーナツ)
地下鉄 堺筋線・谷町線南森町駅2番出口を出て阪神高速高架をくぐり徒歩5分
京阪本線北浜駅26番出口京阪中之島線なにわ橋駅3番出口を出て、難波橋を渡り徒歩6分
JR東西線大阪天満宮駅3号出口を出て、阪神高速高架をくぐり徒歩 6分