交通事故 弁護士 交通事故の示談金・慰謝料交渉・法律相談は小西法律事務所

交通事故 弁護士 小西法律事務所

コンテンツメニュー

後遺障害

後遺障害とは

後遺障害とは、傷害が完治せず症状固定(治療を継続しても改善が認められない状態。)となった状態において、身体に 残存している障害のことをいいます。

後遺障害が残存した場合には、後遺障害による逸失利益、後遺症慰謝料といった後遺障害に係る損害賠償を請求することができます。

実務上、後遺障害による逸失利益や慰謝料は、後遺障害別等級に基づき算定されます。

なお、後遺障害の等級の認定については、実務上、自賠責保険での認定が大きな影響力を持っています。

そして、自賠責保険における後遺障害の認定方法は、おおむね、自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書の記載に基づき、カルテなどの記録と照らし合わせ、原則として労災保険における障害の等級認定の基準に準じて、後遺障害等級に該当するか否か、また、該当するとしていずれの等級に該当するのかの認定を行います。

そして、後遺障害等級が認定にあたっては、通常、自覚症状があっても他覚所見が全くない場合には、該当しないもとと認定されることが極めて多いです。

そのため、後遺障害等級の認定の資料として供される後遺障害診断書の記載内容が、後遺障害等級の認定にあたって極めて重要になります。

そこで、傷病名や自覚症状から予測される後遺障害につき、後遺障害診断書の「各部位の後遺障害の内容」を十分に精査し、後遺障害診断書の記載が不十分であれば、認定基準を満たすかどうかを担当の医師に確認したうえで、記載漏れ等があれば必ず記載してもらい、検査漏れなどがあれば、きちんと検査をしてもらわなければなりません。

後遺障害にかかる損害賠償の保険会社への申請

被害者請求の場合には、上述した書類に加え、保険会社から取り寄せた自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書を提出して、後遺障害にかかる損害賠償を請求することになります。

保険会社は、損害保険料率算出機構(自賠責損害調査事務所)による調査報告書に基づいて、後遺障害の等級を認定したうえで、損害(後遺障害による逸失利益と慰謝料等)の支払額の決定をします。

なお、一括払いを利用した場合には、保険会社は、損害保険料率算出機構(自賠責損害調査事務所)に自賠責保険金の支払いに係る責任の有無や後遺障害の等級など重要事項について、事前に認定してもらうことになります。

そして、上記認定について不服がない場合、その認定に基づいた示談交渉を行っていくことになります。

無料法律相談お申込み

CONTACT

小西法律事務所

KONISHI LAW OFFICE

〒530-0047
大阪府大阪市北区西天満3-13-18【MAP】 島根ビル4F (1F:ミスタードーナツ)
地下鉄 堺筋線・谷町線南森町駅2番出口を出て阪神高速高架をくぐり徒歩5分
京阪本線北浜駅26番出口京阪中之島線なにわ橋駅3番出口を出て、難波橋を渡り徒歩6分
JR東西線大阪天満宮駅3号出口を出て、阪神高速高架をくぐり徒歩 6分